埼玉県内にある不動産を売却したいときは

埼玉県内にある一戸建て住宅や分譲マンションを売却したいと思ったら、手続きはどのように進めていけば良いのか確認してみましょう。所有している物件を売るためには、不動産会社に仲介に入ってもらうことになります。不動産会社と一口に言っても種類があります。賃貸アパートや賃貸マンションだけを扱っている会社では住宅や土地の売買仲介を行っていません。まずは売買物件を扱っている会社を探しましょう。不動産会社がどこにあってどのような会社か知りたいというときは、インターネットで検索してみるといいでしょう。ホームページを立ち上げている会社が多いので、会社の規模や従業員数、扱っている物件の数などをチェックすることができます。小さい会社を選んでも知名度のある会社を選んでもいいですが、従業員数が多い会社の方が何かと依頼しやすいでしょう。

埼玉県内にある不動産を売却する方法

埼玉県内に土地や建物を所有している方で、そろそろ売却したいと思ったときは同じ埼玉県内にある不動産会社に依頼するといいでしょう。不動産物件を売るためには査定を受ける必要があります。提示された査定額が購入したときの物件価格と比べてかなり低い場合があります。住宅ローンが何年も残っている場合は、せめて残債よりも高い金額で売りたいですね。しかし、必ずしも希望の金額で売れるというわけではないのです。損になると分かっていても売らなければならない状況であれば、査定額よりも高い金額で売り出しをかけることができるか聞いてみてもいいですね。査定額が2000万円だったとしたら、2200万円や2100万円で売り出しをかけてもらいます。広告を出すと、買いたいという人が現れるかもしれません。しばらく広告を出していても反響がない場合は、物件価格を変更することができます。

埼玉で不動産を売却した

結婚して数年後、埼玉に住む両親に家を買うので一緒に住まないかと打診しました。最初は渋っていましたが、一緒に新居の物件巡りをしていくうちに楽しくなってきたようで一昨年から同居が実現しました。それまで住んでいた築30年以上の実家は新居を世話してくれた不動産屋さんを通して売却することにしました。内覧後に不動産屋さんに言われたことは、家屋自体は老朽化が進んでいるので値段はつけられないので土地のみで広告を出しましょうということでした。住み慣れた我が家がいつか取り壊されるんだと思うと、なんだか切なかったですが仕方ありませんでした。駅からも近く、埼玉の都市部だったのですぐに借り手が見つかると思っていましたが、2年以上もかかりました。なかなか難しいものなのだなと思いました。結果的には建物を壊すことはなくそのままの買取ということになり、取り壊し代金が上乗せされ、良い金額で売却することができました。思い出深い家に今は誰が住んでいるのだろうと、時々考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*